プライベート用の名刺にはどんな内容を載せると思いますか?

個人用といっても、副業などビジネスに使う場合はしっかりと個人情報や資格などを載せた方が良いと思います。

ネットでのつながりや、信用が足りない人へ渡す場合などは個人情報の扱いは慎重にしたいものです。

場合によっては個人用を複数作るという選択肢も有りかと思います。

働き方改革などで副業が容認されるようになりましたが、プライベート用の名刺にはどんな内容を載せるべきなのでしょうか。

会社で支給される名刺はデザインが統一されていて地味な物が多いと思いますが、自分のプライベート用の名刺であれば様々な内容を書くことができますよね。

例えばツイッター、フェイスブックなどのSNSやブログのURL、趣味など載せることにも制限がありません。

副業などの人脈作りに活用したければ資格や勉強しているジャンルなども良いかもしれません。

カラーなどのデザインも豊富で今はネットで簡単に自分好みの名刺を作ることも可能です。

逆に載せない方が良い情報とはどんなものでしょうか。

こういった世の中ですから周りが全て良い人だけとは限らず、住所や電話番号などの個人情報は相手の信用度を見極めたうえで載せることが大事だと思います。

場合によっては、ネットで繋がる用では個人情報は載せない。リアルで使用する用では載せるといった個人名刺を2種類作るなんて分け方もありかもしれません。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】